読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マスゴミなんて呼ばないで!【おかしなスポーツ新聞事情】

スポーツ新聞記者が紙面に載らない裏話を書き綴ります

将棋界の若き天才がまさかの!! 4月24日スポーツ紙一面

驚きましたね。

 

ニッカンの一面に。

 

「14歳藤井くん 羽生に勝った!!」

 

将棋の最年少プロ棋士藤井聡太4段(14歳)が、羽生善治3冠(46)を破った記事が、まさかの一面です。

 最年少棋士が、将棋界の頂点に君臨する羽生さんに勝ったことは、日本の将棋界にとってすさまじいニュースでしょう。

 

しかし・・・正直に言わせてください。

 

「みんな、将棋にそんなに興味あるんですか??」(笑)

 

スポーツ新聞は、たまーにこういったトリッキーな一面をつくることがあります。

 

これはやっぱり他紙との差別化をはかるためでしょう。

 

この日はスポニチ、報知、サンスポ、デイリーはすべて

 

「井岡 具志堅に並んだ!!」

 

でした。

WBC世界フライ級王者の井岡一翔が、5度目の防衛に成功して、伝説の「ちょっちゅね王者」具志堅用高が持つ国内ジム所属の世界戦最多勝利数14に並んだ記事ですね。

 

 

正直、私は個人的にはボクシングも大して好きではないので???なのですが、まあ将棋より理解はできますよね。

 

もちろん将棋をバカにしているわけじゃありません!!

スポーツ新聞という媒体の中で、やっぱりトップニュースは多くの人たちが興味を引かれるものを取り上げるべきではないかな、と思うわけです。

 

だから私はもっと日本で野球と人気を二分するサッカーは、もっと1面に出してもいいんじゃないのかな、と思うことは多々あります。

 

私はスポーツ新聞の中の人間なので・・・

 

もしフラットな目で見たご意見をお持ちの方がいらっしゃったら、教えていただけるとうれしいです。

 

よろしくお願いいたします。