読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マスゴミなんて呼ばないで!【おかしなスポーツ新聞事情】

スポーツ新聞記者が紙面に載らない裏話を書き綴ります

4月22日 スポーツ紙各紙一面 フィギュア界の王子と大記録あと一歩で二分

おはようございます。

 

きょうもスポーツ紙一面から、各紙の傾向をお伝えしますね。

 

 

まずサンスポ、報知は

 

羽生、さあ平昌へ」(サンスポ)

 

羽生の逆襲」(報知)

 

フィギュアの国別対抗戦で前日にショートプログラム7位と出遅れた羽生弓弦が、フリーで1位となったニュースを取り上げていますね。

 

羽生くんって、コメントなんかをみていても、本当に王子様って感じでセルフプロデュースが上手いですよね。

 

そしてニッカン、スポニチ

 

菊地、珍完封

 

 

西武の菊池雄星投手が、日本ハムを相手に1回先頭打者の1安打のみに封じ、今季初完封を飾った左腕を取り上げていました。

 

ちなみにデイリーはもちろんタイガース。

 

「福留、決勝3ラン」

 

ですね。。。

 

ちなみに、なぜ報知とサンスポは羽生、ニッカンとスポニチが雄星という選択肢になるかと言うと…

 

報知は読売グループなので巨人、サンスポはフジサンケイグループなのでヤクルトという、会社事情によるイチオシ球団があるんですね。だから他のチームを一面に持ってくる回数というのは、かなり少ないんです。

 

一方、ニッカンとスポニチは、特にそういったしがらみがないので、プロ野球に関しては西武でも、日本ハムでも、ソフトバンクでも、その日のトップニュースをバランスよく一面に持ってくる傾向がありますね。

 

ちなみに・・・

 

デイリースポーツは特に阪神タイガースとの関係はないです(笑)

 

関西では報知をのぞき、どこも阪神が一面でしょう。

 

それだけタイガース人気がすごいということですね。