読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マスゴミなんて呼ばないで!【おかしなスポーツ新聞事情】

スポーツ新聞記者が紙面に載らない裏話を書き綴ります

4月21日 スポーツ紙一面 野球界のレジェンドが発したセンチな言葉

おはようございます。

 

 

きょうスポーツ各紙一面にいってみましょう。

 

日刊スポーツ

 

イチ、狙ってホームラン!!

 

マーリンズイチローが、かつて所属したマリナーズの本拠地・セーフィコ・フィールドで放った今季第一号本塁打を取り上げています。

 

メジャーリーグでは、リーグをまたいだ交流戦は、チーム数の多さから数年に一度しかありません。イチロー自身の「印象に残るわね、これは」という言葉が、この一発の重みを物語っていました。

 

43歳のイチローが、マーリンズにいるかぎりは、次にマリナーズと対戦するのは6年後の予定だそうです。

 

日本だけでなく、いまだにシアトルでは伝説的な選手として、絶大な人気を誇るイチロー。これがセーフィコ・フィールドでみせることができる最後のプレーかもしれないという思いが、少なからずあったのでしょうか。

 

サッカー界のカズのように、いつまでもプレーを続けて欲しいような気持ちにされる一面でした。

 

サンスポ、スポニチも同じくイチローです。松井秀喜氏をこえて日本人メジャーリーガー最多の761打点としたところもクローズアップしていましたね。

 

一方で報知ジャイアンツの試合がなかったこともあい、意外な選択に。

 

宇野、羽生に3連勝!!」

 

フィギュアスケート男子の宇野昌磨が、国別対抗戦の男子ショートプログラムで羽生弓弦を抑えてトップになったことを伝えていますね。

 

浅田真央さんが引退し、羽生くんがひとりで日本フィギュア界の重圧を担うのかと思いきや、伸び盛りの19歳の活躍が大きな話題になっていますね。

 

そしてデイリースポーツは、負けてもいつも通り安定の阪神タイガース

 

上本、攻めろ

 

の大見出しで、金本監督が中日戦で守備のミスからチームの敗戦を招いた上本選手におくった言葉をピックアップしました。

 

原稿を読みましたが、上本選手はミスに無言を貫いたようです。

 

さまざまな思いで言葉が出ないことも理解できますが、やはり説明はしてほしいですよね。

 

 

 

5紙中3紙がイチローを持ってきたのですが、やはり世の中のひとはイチローが好きなんでしょうか。

 

サッカー界ではカズが50歳ゴールで大きな話題をさらいましたが、イチローもそういった存在になっていくのかもしれませんね。

 

 

きょうからは東京ドームで伝統の巨人阪神3連戦が行われます。

 

昨年の広島、日本ハムの優勝も盛り上がりましたけど、やっぱりプロ野球は巨人、阪神でしょ、という方はまだ多いと思います。

 

ぜひこの両チームには頑張って欲しいと思います。